カサダテ Kasa Date

カサネタリウムの活動を中心に記事にしていきます

サマーウォーズの聖地の歩き方 2017年

8月18日(金)の金曜ロードショーサマーウォーズが放送されました。

その2日前にサマーウォーズの舞台である上田市に行ってきました。

2009年公開の映画なので公開から8年、今も残るサマーウォーズの跡を探してきました。

そこで上田市を回るポイントをまとめました。

もしこれから上田市サマーウォーズを含めて上田市を観光される方の参考になれば幸いです。

 

上田市観光会館へ行ってから回ること!

先ずは上田城横にある上田市観光会館2Fの観光案内所の横に行きましょう。

サマーウォーズのコーナーがあります。

 

 f:id:kasanetarium:20170819000332j:image

 

細田監督や神木さん、桜庭さんのサインなどが展示されています!

また細田監督直筆の表紙が目印の聖地巡礼ノートもあるので見たい人は受付スタッフへ。

またそこに置いてある『映画のまち うえだ ーロケ地マップー』を手に入れましょう。

そこにはサマーウォーズの巡礼マップが載っています。

f:id:kasanetarium:20170819001216j:image

f:id:kasanetarium:20170819001235j:image

 

この巡礼マップを見ながらサマーウォーズのロケ地を回るのがオススメです。

また、マップにあるように街中にサマーウォーズのラッピング自販機があるので探してみても面白いかも。

 

f:id:kasanetarium:20170819001827j:image

砥石・米山城跡からは上田市が一望でき、サマーウォーズ感を味わうことができます!

 

スタジオ地図ショップへ

期間限定(8月21日まで)ではありますが上田駅からすぐのところにあるアリオ上田の中にあるLOFTではスタジオ地図ショップがオープン中。サマーウォーズを始め細田監督の歴代作品のグッズがズラリ。

ファンにはうれしい場所になっていました。

f:id:kasanetarium:20170819002903j:imagef:id:kasanetarium:20170819002909j:imagef:id:kasanetarium:20170819002918j:image

 

そのほか、ふらっと立ち寄った商店の店先にサマーウォーズのグッズ売られていたり、まだまだサマーウォーズを感じることができる上田市でした。

 

 

 

 

 

3Dプリンタのホットエンドが詰まったら

NT金沢に向けてパーツを3Dプリンタで出力しようとしたところホットエンド(フォラメントが出るところ)が詰まってしまい、2時間ほど格闘した挙句、なんとか詰まりを解消できたのでそのときの対処法を書きます。

 

ちなみにうちの3DプリンタGenkeiatomです。

 

[詰まった原因]

ホットエンドを210℃にしてフィラメントを交換しようとしたところ、交換二手間取ってしまい、空焚きの状態になってしまった。その結果、中に残っていたフィラメントのカスが焦げ付いてしまった。

 

[用意する物]

・ピアノ線 0.3mm

・長いフィラメント

・ピンセット

・ティシューなどの焦げたフィラメントのドロドロを拭き取れる物

 

[詰まりが改善した方法]

  1.  ホットエンドをz方向に移動させ、ヒートベッド(ステージ)とできるだけ距離を開けます。(作業環境確保)
  2.  普通に使うときと同様にフィラメントをテフロンチューブに入れて手で押し出せる準備を整えておく。
  3. ホットエンドを加熱する(PLAなら210℃くらい)
  4. ホットエンドが温まったらピアノ線をホットエンドの尖った先からグリグリさせながら入れていく。
  5. ホットエンドの長さ程度入ったら、ピアノ線を抜いてフィラメントをテフロンチューブ側から押してみる
  6. ホットエンドの先から焦げたフィラメントがドロドロと出てきたらピンセットやティシューを使って取り除く
  7. 手でフィラメントを押して綺麗なフィラメントがスムーズにでてくるようになるまで4 〜 5を繰り返す。
  8. フィラメントがスムーズに出るようになったら、そのままフィラメントを押し続けて焦げたフィラメントを出し切ってしまう。

f:id:kasanetarium:20170704000848j:plain

フィラメントを焦がさないためにはフォラメントの交換は手早く行うか、ホットエンドの温度を低くしてから行うようにしたいと思います。

 

ピアノ線はアマゾンで買えます。

Amazon CAPTCHA

 

自動お絵描きマシン『Polargraph』を作りました その1

自動お絵描きマシンいわゆるプロッタマシンが欲しいと思い、Polargraphを制作しました。

PolargraphはペンをV字型につないだボールチェーンの長さを2台のステッピングモーターで制御することで絵を描く装置です。

プロッターマシンが欲しかったというのもあるのですが、ステッピングモータの制御や任意の位置にものを動かすことに興味があったので今回、Polargraphの制作しました。

 

これが完成したうちのPolargraphです。

f:id:kasanetarium:20170501151212j:plain

 

こんな感じに自動で絵を描くことができます。

f:id:kasanetarium:20170501151242j:plain f:id:kasanetarium:20170501151330j:plain

 

このような形で絵を書いていきます。

使用したパーツはそれぞれの部品に合わせて全て3DCADで設計し、3Dプリンタで出力しました。これから少しずつ制作過程をこれからアップロードしていきます!

 

受かればMaker Faire Tokyo 2017に出展します。

その他、

NT金沢 ( @ 金沢駅 2017年7月8日(土),9日(日))

Maker Faire Singapore 2017 ( @ Science Centre Singapore 2017年7月22日(土),23日(日))に出展予定です。